気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法

決して安くない治療費

男性医師

湿潤療法で瘢痕を残さない

顔にある大きなほくろは、存在感があり目立つものです。取る場合は基本的に自費診療ですが、クリニックによっては保険が適用できる場合があります。ほくろは大きさ5mmを境に、除去方法が変わるのが一般的です。5mm以上のものは切除法という手術となり、それ未満のものは炭酸ガスレーザーやくり抜き法、電気焼灼法などの施術が選択されます。大きなものを切除法で取り除く場合は、5万円から8万円ほどかかります。小さなものを炭酸ガスレーザーで取る場合は1万円ほど、くり抜き法は3万円ほど、電気焼灼法は8千円ほどが費用の目安です。しかし、費用はクリニックによって大きく差が出るので、いくつかのクリニックで費用を確認して比較するといいでしょう。切除法では、細胞を取り残す可能性が少ないため、時間が経ってから再びほくろが現れてくる可能性が低いです。大きなものを除去した人が多いこともあり、満足度の高い手術となっています。他の方法では再発した人もいますが、一度に何個かのほくろを取った人が多いので、数が減ったことに喜ぶ傾向が強いです。一定期間内に再発した人は無料で再治療できるという保証を付けているクリニックもあるため、心配な場合は保証内容でクリニックを選ぶと安心かもしれません。気になるほくろがなくなったのに、瘢痕が残ると悲しい気持ちになるかもしれません。どの方法も瘢痕が残る可能性があることは、頭に入れておきたいところです。切除法は大きめにメスで舟型に切り込みを入れて細胞を除去し、糸で縫い合わせて1週間後に抜糸します。抜糸直後は1本の線傷となって、明らかな手術痕となりますが、それもしばしの辛抱です。時間が経つとどんどん薄くなり、最終的にほとんど分からなくなるほど綺麗になります。一方、炭酸ガスレーザーやくり抜き法、電気焼灼法の施術後は、ほくろのあった部分が陥没した状態です。この後縫い合わせることはなく、テープを貼って過ごします。傷口はしばらくすると盛り上がってきてカサブタとなり治癒しますが、カサブタを剥がさないことが大切です。生まれたての皮膚は刺激に弱いため、紫外線の被害を大きく受けてしまいます。色素沈着を防ぐために、テープを長期間貼ったり日焼け止めを塗ったりして、紫外線から守ります。それから、このとき湿潤療法にすれば瘢痕が残りにくいです。これは防水加工の絆創膏を使用して傷口を乾燥させないことで、体の自然治癒能力を最大限に引き出せる方法です。瘢痕を残したくない場合は、湿潤療法を取ってくれるクリニックを探したり、自分で防水加工の絆創膏を用意したりするといいでしょう。

Copyright© 2018 気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法 All Rights Reserved.