気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法

多くは良性のできもの

顔に触れる女性

除去後は瘢痕が残るかも

ほとんどのほくろは色素細胞母斑と呼ばれる良性腫瘍です。皮下に沢山点在する色素細胞が増殖することによってでき、紫外線による刺激が原因という意見もありますが、まだはっきりしたことは分かっていません。ほくろに見た目が似ている皮膚がんに、メラノーマや基底細胞がんがあるので、注意が必要です。メラノーマは形状が乱れていて大きく、色にムラがあるのが特徴です。一方、基底細胞がんは顔の中央に発生しやすく、艶があるのが特徴となっています。こちらの方が発生頻度が高く、急激に大きくなった場合などはがんを疑います。しかし、大抵のものはほくろであり、それも小さいうちは悪性化する心配はほぼありません。美容的にほくろが気になる場合は、自由診療で除去が可能です。5mm以上のものは切除縫合法といって、メスで切って取り除く方法が選択され、それより小さいものはくり抜き法や炭酸ガスレーザー治療、電気焼灼法が選択されることが多いです。この中でも主流なのが炭酸ガスレーザーで、水分の多いほくろだけに的を絞って熱エネルギーを発生させて、瞬時に吹き飛ばすことができます。ただ、どの方法もある程度瘢痕が残る可能性があり、除去した後につるりと綺麗な肌になることは多くありません。ほくろを除去するには、皮膚科か形成外科で行うのが一般的です。皮膚がんの疑いがあるか否かは皮膚科医が診断し、除去するのが望ましいとされていますが、病変部を徹底的に除去しなくてはいけないため、瘢痕が残りやすい傾向にあります。瘢痕を残したくない場合は形成外科クリニックか、形成外科も標榜している美容クリニックを受診するのも一つの方法です。形成外科は、ほくろを除去した後に傷痕を目立たなくすることも仕事に含まれています。そのため、形成外科医は職人のようだという意見もあるほどです。一般的な皮膚科や形成外科は予約無しで受診するのが一般的である一方、美容クリニックは予約を入れてから受診します。皮膚がんの不安がある場合は、皮膚科で確認してもらってから美容クリニックを受診するのも一案です。美容クリニックでのカウンセリングは、他の診療科で受ける問診よりも時間をかけて行われます。少し時間に余裕のある日を選ぶと安心です。問診では病変部の大きさや深さ、状態を診て、患者に合う施術方法を提示してくれます。施術を決めたら、詳細内容や注意することなどを聞き、治療申込書などにサインします。当日施術できることも多いですが、別の日に行っても構いません。

Copyright© 2018 気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法 All Rights Reserved.