気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法

それぞれの施術の流れ

女性

施術終了後の注意点

美容外科や美容皮膚科では、美容面で気になるほくろの除去ができます。治療を受けるときは電話などで予約を入れてからカウンセリングを受けるのが第一段階です。ほくろ治療は自費診療となるので、医師はカウンセリングで悩みや希望を聞き、病変部の状態を確認して、最適な除去方法を提案してきます。その施術にかかる費用やメリット、デメリットなども丁寧に説明してくれるのが一般的です。ほくろの除去は緊急性がないので、治療を受けるも受けないも患者の自由ですから、治療内容と費用に納得できなければカウンセリングのみで終わらせても全く問題ありません。治療を決めたら、大抵当日に処置できます。一般的な治療の炭酸ガスレーザーでは局所麻酔をしてから病変部を削り、薬を塗ったらテープを貼って終了です。基本的に術後の通院は必要ありません。アフターケアとして、美白剤を処方するクリニックもあります。病変部が大きい場合に行われる切除法でも、局所麻酔をして除去します。病変部より大きく木の葉型に切開し、病変部をくまなく除去したら、縫合して絆創膏を貼り終了です。抜糸は1週間後くらいが目安です。あまり多くはないですが、電気メスで除去する方法を採用しているクリニックもあります。処置の流れは、炭酸ガスレーザーとほぼ同じです。炭酸ガスレーザーでほくろを除去した後は、しばらく医療用テープを貼り続けるのが一般的です。レーザーで削った後は病変部がなくなるために陥没した状態となっています。しばらくすると新しく皮膚が盛り上がってきて治りますが、それまで刺激を与えないようにすることが大切です。カサブタができても自然に取れるまで放っておくほうが綺麗な皮膚になります。また、生まれたばかりの皮膚は敏感なので、紫外線対策も抜かりなく行いたいところです。これは、電気メスでのほくろ除去後も同様のことが言えます。炭酸ガスレーザーも電気メスも、当日から患部を避けてメイクや洗顔が可能です。患部を擦らないようにすればシャワーも入浴も構いません。切除法によるほくろ治療を行った後も、患部を避ければメイクや洗顔ができます。シャワーも構いませんが、入浴は止めておきます。血行が良くなりすぎると傷口が開いてしまう可能性があるためです。このことから、手術当日は飲酒や運動なども避けたほうが賢明かもしれません。それから、患部を濡らさないように気をつけると良く、抜糸までは患部を擦らず安静を心がけます。縫い目がずれると傷痕が残りやすくなるので注意が必要です。しばらくテープを貼って過ごすといいでしょう。やはり紫外線はよくないので、日焼け止めを使うなどしてUVカットします。

Copyright© 2018 気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法 All Rights Reserved.