気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法

医師との相性を見る

看護師

クリニックの情報収取が大事

ほくろはできた場所によって人の印象を変えます。涙ぼくろは色っぽいとか、口元にほくろがある人はおしゃべりだとかいう占いのようなものもあります。ほくろがあって悩む人は多く、できるならば取ってしまいたいと考えることもあるでしょう。ほくろは皮膚ですので、取るとなると相応の治療が必要です。自力で取るのはほぼ不可能です。皮膚科や美容外科などの医療機関で除去治療を受ける必要があります。皮膚科ですと、再発のリスクも減らせるよう根こそぎ取り除いてくれます。方法としては切除縫合やレーザー治療などが一般的です。また、稀にですがガンなどの病気の前兆になっていることもあるため、皮膚科医の診断が命を救うこともあります。特に悪性の恐れもなく、できるだけ痕も残らないように取り除きたい場合は美容外科がいいでしょう。綺麗な皮膚になるよう、美容面でのアプローチで除去を行なってくれます。特に顔にできたものなどは痕が残ると嫌なものです。また、切除縫合をするときは切り取ったあと周りの皮膚を縫い合わせて閉じますから、突っ張ったようになり不自然さが残ることもあります。「取る」ことを目的とする皮膚科と、「綺麗にする」を目的とする美容外科ですので、自分の希望がどちらかを考えてうまく利用すると良いでしょう。ほくろ除去治療を初めて行う人は、受診するクリニックの情報を事前に収集しておきましょう。今ではほとんどのクリニックが自分のホームページやブログを開設しています。過去のほくろ除去の症例や治療メニュー、医師のプロフィールなどを確認することはそう難しくありません。特に医師のプロフィールはよく見ておくと良いでしょう。実績やどんな治療方法を得意としているか、これまでどんな治療をしてきたのかを知っておくことで、自分の希望に見合った結果を残してくれるかどうかが見極められます。また、医師の人柄なども意外と大切です。美容外科では治療に入る前にカウンセリングと称して医師と対話する場が設けられます。この対話によって治療方法の選択や治療計画が決定されていきます。もし患者自身で何か考えていることや気になっている点がある場合、このカウンセリングで訊いておくほかありません。もし担当医を寡黙で怖いと感じたり、価値観が合わないと感じたりするようであれば、別の人に代わってもらうか、クリニックを変更することもできます。クリニックの情報収集をしている時点で、いくつかめぼしい場所をリストアップしておくとよいかもしれません。カウンセリングまでなら基本は無料ですので、ほかのクリニックでカウンセリングだけ受けてみることも可能です。

Copyright© 2018 気になるほくろは除去でスッキリ!レーザーは優れた治療法 All Rights Reserved.